一人暮らしの女性が身を守るための防犯対策とは

一人暮らしの女性が注意する防犯

防犯対策で特に注意していただきたいのは、一人暮らしの女性の方です。
女性が犯罪に巻き込まれ、被害者になる確率は男性よりも高く、女性の防犯対策は必須です。
一人暮らしの女性は、空き巣や押込み強盗、下着泥棒などさまざな犯罪から身を守る必要があります。
一人暮らしの女性の中には、「オートロックマンションだから私は大丈夫」だと思って方もいるかもしれませんが、オートロックも完全ではありません。
女性の防犯対策はオートロックだけでなく、あなた自身が注意しなくてはなりません。

 

女性が注意する鍵の施錠

オートロックだからといって、鍵の施錠をおろそかにしてはいけません。
部屋に帰ったら、玄関の鍵はすぐに締め、出かける時は玄関だけでなく窓の施錠も確認してください。
外から部屋に帰ってきた瞬間というのは一番気が緩む瞬間です。女性を狙う押込み強盗は、気づかれないように女性の後をつけ、部屋に入る瞬間を狙って脅してを掛けてきます。
部屋に入る瞬間は周囲に怪しい人影がないか確認をして、部屋に入ったらすぐ鍵をかけましょう。

 

夜の一人歩きに注意

夜遅くに仕事から帰る女性も多いのでは?
なるべく街灯があり、人通りの多い場所を選んで帰っているという女性もいるかもしれませんが、周囲に気を配っている人は少ないと思います。
音楽を聴きながら歩いていたり、スマートフォンを操作しながらだったり、周囲に注意を向けずに歩いていると、不審者に目をつけられる可能性があります。
街灯もあり人通りがあっても、自分の周囲を注意して「ながら歩き」はやめましょう。

 

ゴミの処理に注意

光熱費などの公共料金を払ったあと、領収書をそのまま捨てていたりしませんか?
こうした個人情報が記載されている物をゴミとしてそのまま捨てていると、あなたに危害を加えようとする人物がいたとき、みすみす情報を与えていることになります。
個人情報が記載されている領収書などは内容が読めないようビリビリに破るか、シュレッダーで細かくしてから捨てるようにしてください。

 

 

女性の防犯対策では、基本的な鍵の施錠などの対策だけでなく、防犯グッズを使った対策も効果があります。
外出時は防犯ブザーを持ち歩くようにする、自宅の鍵が一つなら取り付け型の鍵をもう一つ用意するなどの対策をとりましょう。

 

また、一人暮らしをする場所も人通りが多い道に面している。玄関前が周囲から死角になっていない場所を選ぶようにすると、これだけでも防犯の効果があります。

 

一人暮らしをする場合には、自分が生活するマンションから最寄りの交番を見つけておくと、いざという時駆け込むこともできます。