最新のネットワークを使ったホームセキュリティ

ネットワークを活用するセキュリティ

現代のネットワークといえば、インターネットを代表とする電子機器を使ったセキュリティのことを言います。しかし、少し前の時代、インターネットが普及するまでのネットワークといえば、暮している土地のご近所がこのネットワークの範囲内でした。
例えば、家の周囲で不審火があった場合にも近隣住人が協力して消火活動をする。空き巣が入ればいち早く情報が噂などで回ってくるといった原始的なコミュニケーションで作られるネットワークでした。

 

しかし、最近では近所付き合いが薄くなってきたこともあり、コミュニケーションを使ったホームセキュリティには限界があるということを現代人は認識しはじめていると思います。

 

それに変わるホームセキュリティがインターネットを活用した広範囲の情報統合セキュリティなのです。
例えば、家に数台の監視カメラがあるとします。従来の監視カメラは不審者が家の中に入ってきても監視するだけで、被害を受けた後になって結果を見るだけのものでしたが、近年では監視カメラの映像を携帯端末を通して見ることが出来るものが普及し、リアルタイムで家の異変を家主に報告し、しかるべき対処を取ることが出来るようになっています。この情報統制セキュリティは警備会社へ委託することでサービスを受けることが出来ますが、自分でこのシステムを作ることも不可能ではありません。

 

例えば市販されているネットワークカメラを使って24時間監視をすることが出来、その情報をネットを通して見ることも可能です。

 

今後のホームセキュリティにとってネットワークは大変重要なものになってくるのです。