自宅のセキュリティを効果的に行うには何を知っておかなければいけないのかを紹介。

自宅のセキュリティを効果的に

 

近年、自宅のセキュリティ事情が変わってきました。個人のお家でも、セキュリティのために『防犯カメラ』を設置しているところが増えてきています。簡単な防犯カメラであれば、それなりに安く設置することができるようになったため、自宅のセキュリティについて考える人が増えてきているようです。

 

自宅のセキュリティを考える上で大切な事は、自身の家の弱点を知ることです。

 

もしも侵入盗が入るのであれば、どんな所に狙いを定めるのか?まずはそこから考えなくてはいけません。せっかく防犯カメラを導入したのに、的を射ていない設置場所をしてしまえば、犯人を映し出すことはできません。また、防犯カメラだけにセキュリティを任せるのではなく、複合的に防犯を考えることが必要です。

 

セキュリティを考える上で有効なのが、窓の防犯。植栽などで人目につきにくい窓であれば、ルーバー窓でも侵入犯は入ってくるものです。プライバシーを考え、室内が見えにくいようにと植栽をしたことがかえってあだになる。なんて事もあります。
窓が人目につきにくいからと、換気のためにいつも開けている場合は、狙われる可能性が多いにあるので注意が必要です。
戸建て住宅において、侵入盗は窓からの侵入率が一番高いといわれています。人目につかず、時間をかけずに進入できる窓さえあれば、1階だろうと2階だろうと関係なく入ってくることをご存知ですか?

 

自宅のセキュリティを考える上で大切なのは、窓からの侵入をいかに防ぐことができるのかや、窓にたどり着くまでに犯人に嫌だ。と感じさせることが肝心なようです。