ホームセキュリティの定番である防犯カメラの設置の注意点

防犯カメラを設置する

自宅のホームセキュリティを強化する一番簡単で、なお且つ、空き巣などに防犯の意思を表すのに効果的な手段として、自宅に防犯カメラを設置する家庭は多いと思います。

 

この防犯カメラですが、比較的容易に取りつけが出来ることから、セキュリティ会社などの業者に頼ることなく、自分で取り付けて設定まで行う人もいます。
しかし、これは後々周辺の住民と問題になるかもしれないのです。

 

防犯カメラを設置する上で、期待することが出来る防犯の効果ですがありますが、気をつけなくてはならない事に、個人の映像または画像を写してしまうことが挙げられます。
例えば玄関前に防犯カメラを設置したとして、そのカメラは家の門の外を向いており、門前の道路を行きかう人または、向かいの家の玄関を写しだしていた場合、それが周辺の住民と問題に発生する可能性もあるのです。

 

こういった事態は、防犯カメラを設置する家庭に多く起っており、設置をする側としてはご近所へ迷惑を掛けるつもりはなく、結果的に迷惑を掛けてしまったというケースになってしまいます。

 

そのため、防犯カメラを設置する場合には、カメラの向きや、写りこむ場所や人などに注意をして設置する必要があるのです。